コンテンツへスキップ

住宅ローンで破産しない為には

住宅ローンによる破産者は年間に一万人出ているというデータがありますが、それは全体の約1%の割合だそうです。
これを少ないと見て、住宅ローンで破産なんて自分には関係ないと考えるのは違います。

 

住宅ローンによって自分がそうなる可能性を低くするためにはどうするべきか、考えておくのが賢明です。
ではどうするべきなのかといえば、まずは住宅ローンの返済負担率は30%以下に抑えておくのが望ましいです。
実際には40%程度までなら住宅ローン審査が通ってしまう可能性はあるのですが、それでは日々の生活が苦しくなるので30%を目安にしておくと良いでしょう。

 

希望しているマイホームがそれを超えるならば、頭金を増やす、妻が専業主婦なら働いてもらって収入を増やす、購入するのを安い物件に変更する、親から資金援助を受けるなど考えた方が良いと言えます。

 

仮にもう購入済みで返済負担率が高いならば、家計に余裕のある内に繰上げ返済をしておくと後々が楽になります。
住宅ローンの返済は初めから余裕を持たせる事が何より大切ですね。